スカイマーク国内線は早目に予約が必須!

国内線を予約する際に正規の料金を払っていますか?スカイマークでは格安な航空券の販売を行っています! - スカイマーク国内線は早目に予約が必須!

スカイマーク国内線は早目に予約が必須!

旅行へ行きたい時はまずプランを立てると思いますが、今では国内を飛行機で移動するという手段が多くなっています。
移動方法は電車やレンタカー、バスなどもあるのですが、どうして飛行機の人気が上がってきているのでしょうか?
また、どのようなエアラインでお得に飛行機のチケットを手配出来るのかも調べてみましょう。

飛行機移動が人気のわけ

旅行は年に1度や2度くらい出来ればよい!と多くの人は思っており、行くのであればそれはとてもよい思い出作りをしたいものです。
また、旅行先での新しい体験や、美しい景色を堪能したり、ご当地グルメを食べたり、喜ばれるようなお土産を選ぶのも楽しみのひとつになるのです。

出来るだけ滞在先での時間を流す過ごす事が出来ればより楽しい旅になると思いませんか?

現在、飛行機移動が多く選ばれている理由は、短時間で移動が出来るという事とプラスしてお得な値段で飛行機のチケットが予約出来るという点でも注目を集めているのです。

では、飛行機のチケットを安く手配出来る方法について調べていきましょう。

スカイマークの前割の区間について

日本国内を飛んでいる飛行機は様々ですが、特にスカイマークは早めに予約をすれば定価よりも安くで飛行機のチケットが手配出来るようです。

全ての路線が対象とされているようですが、就航している線をチェックしてみましょう。

スカイマークでは、羽田~福岡、羽田~神戸、羽田~鹿児島、羽田~那覇、羽田~長崎、茨城~新千歳、茨城~福岡、茨城~那覇、中部~新千歳、中部~那覇、神戸~新千歳、神戸~茨城、神戸~茨城、神戸~長崎、神戸~鹿児島、神戸~那覇、福岡~新千歳、福岡~那覇の区間で、前割というキャンペーンが行われています。

日本の主な主要都市を結んでいるこれらの国内線はどれも人気の路線なので、早めに予約をすれば安くなるというのはとてもありがたいものですね。

では、前割はどれくらい安くなるものなのでしょうか?

スカイマークの「前割」の価格について

前割には、「前割3・前割1」があり、人気の秘訣は搭乗の3日前または1日前でも予約の変更が可能という事です。

羽田~福岡のSKY001便の前割3では月曜日~木曜日までは1万4千900円で、金曜日は1万7千円、土曜日は1万8千400円、日曜日は1万6千300円となります。
これらの金額は予約期間でも変更があるので、オンラインで随時チェックする事が出来ます。

これらを見てみると、国内線の旅行では平日を選ぶと更に安くなるという事が分かりますね?

スカイマークの「いま得」について

スカイマークでは「前割」の他にも、国内線の飛行機チケットがリーズナブルに予約をしやすいように、「いま得」というサービスも行っています。

これは、空席の状況に応じて飛行機の運賃価格が変動する仕組みになっています。
そこから出来るだけ安いチケットを探して予約をするという方法もあるのです。

急に決まった旅行や、突然の出張などでも多く使われており、搭乗の3日前~条件付きですが、前日まで購入する事が出来るのです。

行き先などを決めないで、「いま得」をチェックし、その中から一番安い飛行機のチケットを調べて、その場所へ旅行をするというようなスマートな方法を取る人達もいるようです。

早め予約がお得なスカイマーク

旅行は楽しみたいですけれども、出来るだけ安くで行く事が出来ればやっぱり嬉しいものですよね?
また、移動手段を安くする事で、旅行先でお金をたっぷり使えるという方法もあれば、予算を控えて旅行が出来るなど楽しむ幅が広くなります。

なので、スカイマークの「SKYバーゲン45」「U21直前割」「前割」や「いま得」はとても喜ばれているサービスになっているようです。

Copyright(C)2016 スカイマーク国内線は早目に予約が必須! All Rights Reserved.